足底装具に対する思い

高校時代の私は絶望に打ちひしがれていました。

下腿の疼痛が強く、走れない・・・

整形外科での診断は、脛骨骨膜炎。

部活動は陸上部、専門種目は長距離でした。

3000ms.jpg

疼痛が強く、走りたくても走れない・・・

私の高校陸上は疼痛との闘いでした。

 

引退後は同じ境遇のプレーヤーを科学的にサポートしたいという思いから、

大学でバイオメカニクス専攻。

卒業後、大手スポーツメーカ在職時にインソールに出会い感銘を受け、

インソールで

<私と同じ下肢のスポーツ障害で困っているプレーヤ―のサポートが出来るのではないか??>

と考えるようになりました。

それ以後、インソールにのめり込み現在に至るまでに得た知識、技術、経験を

スポーツソール大阪の足底装具に集約しました。

そして、

  • ベストパフォーマンスを追い求めた練習
  • もっと強くなりたい、速くなりたいと思い打ち込んだ練習
  • チームのため、仲間のために少しでも力になりたいと思い必死になった練習

様々な思いを持って取り組む練習と隣り合わせに位置するスポーツ障害に困っている患者様へ

スポーツソール大阪の足底装具が治療の一助になれたらと思っております。

<必要な人たちへ本当に良いものを>

2024.06.13 Thursday